ほのぼのとゆる~いまいにち

主婦って忙しいですね。楽しくゆるゆる暮らしたい。

来年の手帳選び。ほぼ日手帳に挫折したけど、EDITが気になる。

ちょこっとだけ、秋を感じさせる心地よい風がふく季節となってきました。

この時期から気になりだしてくるのが、来年の手帳。

そろそろ店頭にも並びだしていますよね。

 

私の手帳遍歴

 

女子なら割と普通かと思いますが、中高生ころからずっと手帳を使い続けています。

 

中高生時代:

見た目可愛さ重視。手帳もデザインで選び、中身もシールやら可愛いハンコなど使ってカラフルに仕上げていた記憶が。

誰に見せるわけでもない、自己満足の世界ですね(笑)

 

大学生時代:

なんか「ちょっと大人」な感じに憧れていた時代?(笑)

f:id:golden_snoopy_88:20170911150054j:image

その当時の流行りの革張りのシステム手帳で、レフィルを毎年入れ替えて使っていました。(愛用はSAZABYサザビーのやつ)

「システム手帳」っていうアイテムが満足なだけで、まったくシステム化されてませんでしたが。

 

時を経て、12年前(何才のころとはいえません笑):

評判の「ほぼ日手帳」にチャレンジ

www.1101.com

ほぼ日手帳 2018

 

f:id:golden_snoopy_88:20170911141216j:image

名残の手帳カバー。いまだにちょっとしたカード類の整理に使っています。

 

2つのカバーが残されていたということで、自分自身も記憶がありませんでしたが、2年で挫折したということですね(笑)

 

そして現在:

コスパ重視で、数年間100均の手帳に落ち着く。

 

・・・といった感じで過ごしてきました。

 

来年の手帳を選ぶ

このほぼ日手帳のカバーを見て思い出しましたが、ちょうど12年前に購入したということは、私は大殺界明けの新しい年の始まりにこの手帳を選んだということ。

(大殺界、知らない方は細木数子さんで検索してみてくださいm(_ _)m)

 

当時の心境は思い出せませんが、おそらく心機一転、がんばるぞー!ってな気持ちになっていたのだと思います。

 

“1日1ページ” というほぼ日手帳のコンセプトは、使いこなせる方にはとてもオリジナリティにあふれるものになります。

挫折組の私ですが、こういう手帳を1年間使い続けることができる方にいまだに憧れます。

 

12年の時を経て、また使ってみようかな・・・と検索を始めたときに、似たような手帳があることを知りました。(すでに超有名らしいですが、私が知らなかっただけ)

 

新しい働き方。新しい手帳。『EDIT』

www.edit-marks.jp

EDiTエディット|新しい働き方。新しい手帳。

 

ほぼ日手帳と同じような1日1ページタイプの手帳。

すでにほぼ日のシェアにぐんぐん追いつこうとしている勢いだとか。

 

サイトで中身をチェックしたところ、シンプルさがよい!

ほぼ日の、余白にある色んな情報とかがちょっと余計だな~と思っていた私には好都合な感じ。(あれはあれでほぼ日の良さでもあるけど)

 

来年度のほぼ日手帳のカバー類の中でも、特に欲しいと思えるものがなかったこともありますが、心はかなりEDITに傾いています。

 

EDITを選ぶ決め手

 私がほぼ日手帳よりもEDITにしたくなってきた理由の大きなものとして、

ほぼ日手帳はカバーが高い」

というものがあげられます。

カバーをセットして購入すると、主婦にはちょっと躊躇してしまうような金額。

ましてや使いこなす自信もないのに(笑)、この金額を費やしてしまっていいのか?と自問自答してしまいます。

 

EDITも、価格帯はさほどほぼ日手帳と変わらない感じですが、こんな商品がありました。

www.edit-marks.jp

 

わかりますかね?

カバーなしで、本体レフィルだけで使えるタイプです。

 

「1日1ページ手帳には興味があるけれど、価格が高くて…」という方やEDiTをはじめて使う方のスタートアイテムとしてもおすすめです。

と、公式サイトでも私の気持ちを代弁してくれています(笑)

 

また違う種類にはなりますが、人気のシリーズが楽天でも購入できてしまいます。

 


 

こちらはカバー一体化タイプのようですので、結局ほぼ日手帳と価格的にはそう変わらないようですが、シンプルな良さがあります。

 

どのみちカバーを毎年買い替える運命にあるならば(大げさ)、こちらでもいいかな~と思ったり・・・。

ともかく楽天ヘビーユーザーの私にはうれしい限りです。

ほぼ日手帳楽天で買えるようですけどね。時代の移り変わりに完全に取り残されている私・・・。

 

ともあれ、まだどちらのタイプにするか迷っていますが、EDITにすることはほぼ決定です。

 

あとは使いこなし方。

ここも12年前と同じ轍を踏まないよう(笑)考えていきたいです。

今色々とやりたいことが増えてきているので、それらが実現できるように手帳を活用していければと思っています。

 

 

 

初めて付録つき雑誌を買ってしまった、スヌーピー好きの私。【GLOW(グロー)2017年10月号】

たまたま見た新聞に掲載されていた、私好みのトートバッグが付録についている雑誌の最新号の広告を発見。

めずらしく即決で購入してしまいました~

 

f:id:golden_snoopy_88:20170829212235j:image 

40代女性向けの雑誌だっていうし・・・。大丈夫だよね?(笑)

 

お目当ての付録 トートバック

今まで付録つき雑誌を購入したことはなく、興味はあったものの手を付けておらず。

さて、どんなものでしょうか。

 

f:id:golden_snoopy_88:20170829212228j:image

 スヌーピー×ガリャルダガランテのBIGトート

サイズ(約):縦35×横29×マチ14.5cm

 

すいません、そのブランドは存じ上げません。。。

有名どころなのかな?ブランドには疎いもんで(汗)

スヌーピーがかわいければOK!

 

 

f:id:golden_snoopy_88:20170829212242j:image

 あえて下からうつしたのは、マチがしっかりあることをアピールしてみました。

 

f:id:golden_snoopy_88:20170829212257j:image

 中身の様子。しっかりした生地なので、なかにモノを入れなくても自立します。

内側にポケットもあり。

 

普段使いに活躍してくれそうです。

 

付録目当てに雑誌を購入すること

 

肝心の雑誌も初めて拝見しました。

内容は「オトナな40代」向けかと。。。

私のようないつまでたってもカジュアル一辺倒な人間には、この雑誌のターゲットであろう「オトナな40代」スタイルも取り入れていきたいなぁ~って思える意識高め系(笑)な雑誌でありました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GLOW (グロー) 2017年 10月号 [雑誌]
価格:920円(税込、送料無料) (2017/8/29時点)


 

 

今は付録つき雑誌もたくさんありますよね。

しかし「付録」とは思えないような、クオリティのものもたくさん。

出版社の努力、すごい。

 

今後も魅力的な付録があれば、たまには購入してみようと思いました♪

 

英検3級・数検3級に合格しました。次回は漢検。さらに英検準2級に挑戦。

 

冬に計画した各種検定試験の受検計画。

6~7月に受けた英検・数検の結果が返ってきました。

 

goldensnoopy88.hatenablog.com

 

どちらも無事合格(^o^)/♪

英検3級・数検3級、無事取得です。

あまり乗り気ではなかった子どものお尻をたたいて半ば強引に受検させてしまった節もありますが、実際に「合格」の文字を見ると子どももホッとしたよう。

この際、漢検も・・・と思ったのですが、あまり国語が得意ではないので、さすがに嫌がったので次回にということで。

 

さらなる挑戦

そして英検はさらに準2級に挑戦してみることにしました。

そのきっかけは今回受検した結果に表示されていたスコアで、上の級への合格基準をクリアしていたから。

私もよく知らなかったのですが、最近は結果が「CSEスコア」と「英検バンド」なるもので表示され、Reading・Listening・Writing(一次)・Speaking(二次)のそれぞれのスコアとどのあたりのレベルで合格(もしくは不合格)したのかがわかるようになっているんですね。

 

子どもは思った以上によいスコアで、ひとつ上の準2級合格もクリアできそうな位置づけで合格していました。

まぁ3級は学年相当なので合格してくれないと困るところでしたが、無事取得できたので次は「受かればラッキー」くらいの意気込みで受けてもらおうかと思います(^_^;

 

英検準2級受検対策用

 まずは今まで購入したことのないこちら。

こちらは口コミで評判の良い単語集。

今までは学年相当の級だったため、ある意味普段通りの勉強で覚えている範囲の単語でなんとかなったようでしたが、ひとつ級が上がると単語の数がぐっと増えるということで、まずは語彙力アップをはかります。

 

続いていつもお世話になっているこちら。

新試験対応版がうれしいですね。Writing問題対策ができるのはありがたい。

 

こちらは子どものたっての希望で。

上の「7日間対策」で十分なのでは?と思いますが、念のため欲しいと。

ゆっくり取り組む時間があればよいのですが(疑心暗鬼)

 

漢検3級受検対策用

 

こちらは毎度過去問一択です。

ステップ式のを買った時もありましたが、結局こちらがよいとのこと。

大きく傾向が変わらないのであれば、問題形式に慣れておく方がよいですね。

 

秋の受検日まであと少し。がんばっていただきたいものです。。。