ほのぼのとゆる~いまいにち

主婦って忙しいですね。楽しくゆるゆる暮らしたい。

40代ただでさえ似合う服がなくなってきたのに、人と服がかぶる問題(泣)

私はシンプルな服が好きです。

ど定番モノが安定。

・・・となると、誰が着ていてもおかしくないデザインが多くなるので、同じようなファッションの方を見かけることもチラホラ。

 

その時の流行りとかあるので、ある程度「似たテイスト」くらいならまだ許容範囲なのですが、やはり同じようなファッションの人と出くわすとちょっとした気まずさを感じるのは私だけでしょうか?

 

たとえばちょっと前(今もかな?)に白×紺ボーダーカットソーとか流行りましたよね。こんな感じ。

【2017春夏】オーチバル ボートネックワイドカットソー RC-9086【送料無料】 [オーチバル orcival レディース ボーダー カットソー フレンチ バスクシャツ 2017SS]

私もボーダー大好きなので持っていますが、あまりにも流行りすぎてその辺に歩いている人歩いている人みんな同じ柄やん!って感じてあまり着なくなってしまいました。

 

私の以前からのちょっとした悩み

自慢にもならないことですが、私は昔からよく持ち物や服装をマネされます。それも感じの悪い人に。

たとえば仲のいい友達同士なら、かわいい物を持っていたりすると「いいねー、それ。かわいい。私も買おうっかなー」なんて言われても

「うん、そうやろー。おすすめ!」ってこちらも気前よくすすめたりできるのです。

 

でも私がマネされた人はたいがい、その持ち物や服装には一言も触れず、後日ちゃっかり身に着けてくるんですよねー。

まるで「私、これ前から持ってるし。」と言わんばかりの顔で。

 

絶対私の見てから買ってるやん!!

・・・って何度言いたくなったことか。

そうして身に着けられると、何か私がその人のマネをしたかのように周囲に思われるのがシャクで(違うんだけど)、それを身に着けるのをやめてしまったり・・・。

そうすると相手の思うツボなんですけど。

 

気のせい?いや、偶然にしては・・・

以前からそういうことがあったため、気にしすぎなのかもしれませんが、実はごく近所に住んでる方に、どーーーーも私の服装をマネされている気がしています。。。

その方は特に感じが悪いわけではなく、ご近所さんなので当たり障りのない関係を保っている方なのですが。

その方を見るたび、

「その服、私がこないだ着ていたやつとそっくりだよね。。。」

と思うのです。

モノは違えど、テイスト・形・色などなどよく似ているんですよねーー。

 

今まで何回あっただろう?

というより、その人の日常着てる服全部がそんな感じ??

私はその人のことは嫌いではないので、客観的に観察してもそうとしか思えないのです。

 

つらいのは、あまりにもかぶりすぎて毎日その人が着ている服をチェックし(朝、窓からちょこっと見える)、その日に着る自分の服装をその人の服装とかぶらないようにコーディネイトせざるを得ないこと。

 

なんかそれ、おかしくない!!!???

 

・・・って思いながらも、私の方がマネしてるって周囲に思われたくない&同じ服装でバッタリ出くわしたくないって気持ちから、仕方なくそうする毎日。

正直、その方のファッションは私は興味ないんですけどね。。。

 

こんなに苦労しているのに

とまあ、ただでさえ辟易しているのに加え、最近似合う服がなくなってきたなー・・・と悩んでいたので、思い切ってご近所さんとかぶりそうにないデザインのトップスをネットでぽちっとしてみたんですわ。

ブラウス M/L/LLサイズ 大きめチェックとリボンで、ぐっと愛らしく。袖リボンブロックチェックブラウスレディース/トップス/半袖/コットン/綿soulberryオリジナル

これなんですけど。

こーゆーのは着ているところ見たことないし。

(・・・ってこういう基準で服を選んでるところもどうかと思うのですが)

 

今日は到着して初めてこれを着て近所に買い物に出かけたんですね。

ウキウキ気分で。

そしたら・・・

 

 

 

・・・いる(>_<)

同じ服を着た人が、すぐそこに!!!!!

いやーーーーーーーーー!!!!

 

例のご近所さんじゃなく、赤の他人さんでしたけどね・・・

いや、ネットで購入したものだからどんな人が着ていても仕方ない。

でもね、なぜに

 行きつけのスーパーで

 同じ時間帯に

 同じフロアに

 同じ服を着た人に

 

出くわしてしまうの!!!???

 

私がすみやかにその場を立ち去ったのは言うまでもありません。

何にも悪いことしてないんですけどね・・・

同じ服を着ていた方は幸いにも私の存在に気づいていないようでしたが、目の前にカートを持った同じ服の私が現れたら、ちょっと気まずい思いをしたでしょうね。

私は十分、気まずかったですケド。

 

問題解決には時間がかかりそう・・・

今後もこの「人と服がかぶる問題」に立ち向かっていかなければならないかと思うと、気が重いです・・・。

いったいどこで服を買えば良いのか。

もうハンドメイドしかないのでしょうか・・・??

 

大切な人に残したい言葉:「君の膵臓をたべたい」読んでみました。

子どもが朝読書の本を探していて、ちょうどこちらの本の文庫版が発売されていたので購入して、子どもより先に読んでみました。 

 

夏に映画化されるみたいですね。

本屋大賞にも名前があがっていたし、高校生の話だから子どもにも入り込みやすいかと思いつつ読んでみました。

 

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて・・・(裏表紙より引用)

 

「読後、きっとこのタイトルに涙する」

その通りでしたね。というより、終盤ですでにって感じでしたが。

ネタバレしない程度での感想。

 

“大切な人には自分の気持ちを伝えておかなければならない。”

 

 ってこと。

ちょうど昨晩一気に読み終えて、その余韻に浸っていたところだったのですが、おりしもニュースではある有名な芸能人の方の訃報が・・・

 

その方の事は病気を告白されてから、勝手にずっと気になっていました。

自分の母もがんで亡くなっていること、私より若く、小さい子どもの母親でもあるその方のつらさを思うと、赤の他人ではあるのですが応援したい気にさせられて。

 

今日の訃報は知った瞬間、身体が震えてしまいました。

本当に残念です。

 

でも旦那さんが会見でおっしゃっていた言葉にまた涙。

最後の言葉が「愛してる」って・・・

 

悲しいけれど、言えてよかったね、伝えられてよかったねって思いました。

 

うちの母は、家族に看取られることなく亡くなってしまいました。

最期に何か伝えたいことがあったんじゃないか、何か口にしたのではないか、それが聞けなかったことが正直今でも心残りです。

そして自分も。

もっと聞きたいことがいっぱいあった。聞きたかった。

ももう聞くことはできません。

 

本を読んだ感想ととてもダブるのだけれども、大切な人に自分の思いを伝えることが残された人の生きていく支えになると感じました。

 

自分だっていつ死を迎えるかわからないし、その瞬間に家族がいてくれるとも限らない。伝えられなかった思いを死んだ後にまで後悔しないように、何か残しておきたいなと思わせてくれる本でした。

 

はぁ、昨日今日と2日連続で泣きすぎて、目が腫れまくりです。

楽天スーパーSALEで購入した、一度なくなった傘。次はなくさないためにできること。

今回の楽天スーパーSALEもそろそろ終わりですね。(6/22木 01:59まで)

みなさんたくさん購入されましたか??

 

私が今回、買ったもの。

「傘」です。

 

梅雨時期だから・・・っていうのももちろんですが、実は少し前になくなってしまったからなんです(>_<)

それも学校にて!

傘ってなくなって当然?いやいやそんなことはない!

子どもの学校で保護者の集まりがあった時のこと。

雨が降っていたので傘を使って中に入り、もちろん傘立てに立てておいたのですが・・・

帰りに傘をさそうとすると、あれ?なんか感触が違う・・・

デザインは確かに私のものと同じ。でも持ち手の感じが違うんです!!!

よく見ると、あきらかに持ち手の形状も違っていたのです。

ちなみにその時の傘はこれ


 

 

一瞬、混乱してしまいましたが、落ち着いて考えてみた結論。

同じ傘(実際には持ち手が違うので旧バージョン?)を持っていた人がたまたまその集まりにいて、その人が先に帰ってしまった時に私の傘を持って帰ってしまったということ。 

 

愕然。

そんな悲しい偶然が重なってしまうなんて。

残された傘は私のものではないので持ち帰るわけにもいかず、職員室の先生に事情を話して預かってもらい、後日その人が間違えて持って帰ったことに気づいて申し出てくれたら交換するということになりました。

仕方なく傘なしで、車までダッシュして帰る羽目に・・・

 

けどね、けどね。

私は持った瞬間に「自分のとは違うもの」ってわかったんですよ。

その人だってわかったはず。

その日はわからなかったとしても、翌日傘を干したりする時に「あれ?違う」って気づくもんじゃない??

若干予想はしていましたが、その後交換の申し出をしてくる人はおらず・・・

同じデザインとはいえ私の方が新しいものだったので、ちょっと確信犯だったのかも・・・同じ学区にいる人でそんな人がいるなんて考えたくないんだけど。

 

そうこうしているうちに梅雨シーズン到来。

それまでの雨は折り畳み傘などで対応していましたが、そろそろ傘なし生活もキツイ時期ですので、あきらめて再購入することにした次第です。

 

くやしいけど同じ傘と、今回子どもの分としてお安めのこちらも購入。

まとめて3本購入で送料無料になりました。


 

 

教訓

 

今回の経験から、学んだこと(おおげさですが)

・持ち物には名前を書く

・ひょいっと持って行かれそうなところには置かない

 

なんか当たり前の事ですが、傘に名前を書いていなかった自分に非がないとも言えないし、置いた場所も傘立てには大量の傘がささっていたので、邪魔にならないちょっと壁際などにあえて置くことで、間違われないようにするとかも一工夫なのかも、と思いました。

不特定多数の人が集まる場所では、自衛しないといけないってことですね。

 

持って行った方も本当に気づいていないのかもしれないですが、持って行かれた側としては非常に後味悪い経験でしたので、今後は気をつけて行きたいと思います。

 

そういえば、知人は児童館でぬいだ靴をそのまま履いて行かれたことがあったとか。

履いた瞬間わかるだろ、普通・・・

でも普通じゃない感覚の方も、世の中おられるんでしょうね(^_^;