読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのぼのとゆる~いまいにち

すっきりシンプルな暮らしをゆる~くめざす主婦の毎日

40代になってから、ご朱印を集めることにハマった理由

旅行記・訪問記 ご朱印 趣味
 

昨年くらいから、神社やお寺でご朱印をいただくようになりました。

 f:id:golden_snoopy_88:20160519172755j:image

伊勢神宮で購入したMyご朱印

 

私の地元は京都ということもあり、神社仏閣が割と身近にある地域でした。身近ゆえ、それを特に意識せず景色の一部のように過ごしていた若かりし頃。

大人になり40代になった今頃になって、あらためて神社仏閣の良さに関心を持つようになりました。
 

■神社やお寺に参る意味

 
お正月に神社に初詣に行き、手を合わせて今年一年の無事を祈る。毎年1年に一回それくらいしかしてこなくても、何か困ったことや心配ごとがあると、人は藁をもすがる気持ちで神に手を合わせますよね。
 
普段は意識せずに過ごしているのに、そんな時だけ神様を頼るなんて人間って都合のいいものかもしれないです。けれど神様はそんなことに怒ったりせず、それでも頼ってくる人々を守ってくれ続けているのだと、昔何かで読んだことがありました。
 
もう何十年何百年も前からそれはそこにあり、人々を見守り続けてくれていたと思うといまさらながら神々に感謝の気持ちがわいてきます。
 
“何事にも感謝の気持ちを忘れず過ごす”
 
そういうことの大事さを、神社仏閣巡りをすることを通じて再認識するようになってきました。
それに気づいた今は、ただお参りをするだけでなく「いつも守っていただいてありがとうございます」といった感謝の気持ちを伝えることも必ず行うようになりました。
 
歴史に関心を持つ「歴女」が流行りましたが、そこまでではなくとも、各地にある神社やお寺を訪れ、その歴史の深みを感じつつ日々の平穏を祈る、そういった楽しみ方を40代になってするようになりました。
 

ご朱印を集めること

 
ご朱印は、これもテレビで特集されたりなど一気に流行った感がありますが、私もきっかけはそういった特集を見たり、ご朱印集めをされている方のブログを読んだりしたことでした。
今までも色々なところを訪れたけど、「ここ行ったことある」という記憶だけになることが多かったのですが、ご朱印をいただくことで自分がその神社やお寺を訪れた記録にもなるし、その場で墨に筆で書いていただき、世界でひとつしかないもの(印刷されたものを購入するところもありますが…)というところが、なんだか嬉しいしありがたみを感じます。
 
今後もどこかお参りした際には、ありがたくいただいて帰るつもりです。
ブログでも紹介できたらいいなと思うので、まずは今までいただいているものを公開してみますね。全体が映ってなくてすいません・・・
 
f:id:golden_snoopy_88:20160519174039j:image
左上:伊勢神宮内宮(三重) とってもシンプルなご朱印
右上:安井金毘羅宮(京都) 知る人ぞ知る、縁切りで有名な神社
左下:八坂神社(京都) 「祇園さん」とも呼ばれる
右下:御金神社(京都) テレビでも特集された「お金」にまつわる神社
 
 
f:id:golden_snoopy_88:20160519174052j:image
左上:宇治上神社(京都) 世界文化遺産に登録されたパワースポット
右上:伏見稲荷神社(京都) 全国各地の「お稲荷さん」の総本山
左下:天台寺門宗総本山園城寺三井寺)(滋賀)黄不動
右下:毘沙門堂(京都) 秋の紅葉が有名
 
 
 

 

↑インスタグラムもよければご覧くださいね。

Instagram@golden_snoopy_88